私のペットロス体験

新しい犬を迎えた経緯①

投稿日:

前回のブログで「今の犬」と書きましたが、今我が家には犬がいます。
今回は、この犬を迎えた経緯について触れたいと思います。

空が死んだ当初私は、私と同様に愛犬を亡くした人たちの体験談をひたすらネットで探し読み漁っていました。当時は夜も極めて寝つきが悪くなっていましたので、「どうせ横になっても眠れないし」と、夜通しネットを見ていました。

空が死んで3ヶ月くらい経った頃でしょうか、なにげなく「シーズー」と検索してみると、シーズーの画像や動画が上がってくる中で、ブリーダー情報が出てきました。思わずクリックすると、生まれたばかりのシーズーの子犬の画像が続々と出てきました。
今まではペットロスの体験談しか検索していなかったのですが、その日から、シーズーの子犬情報も毎日検索するようになりました。もしかしたら空が生まれ変わってくれているかもしれない。そんなバカげたことを当時は真面目に考えていました。

この頃になると、通勤途中や仕事中に涙が止まらなくなる、ということはさすがに少なくなりました。
それでも精神的なバランスは欠いたままで、家に帰るなり号泣という毎日は相変わらずでした。いつまでこんな日々が続くのか、全く先は見えませんでした。
そんな中、唯一癒されるのはネットでシーズーの子犬を見ているときだけでした。

ああ、なんて可愛いんだろう。こんな可愛い生き物が傍に居てくれたら、幸せだろうなぁ。

毎日毎日、そんなことを考えながらネットを見ていたのですが、あるシーズーの子犬のブリーダーコメントに「気軽に見学しに来てください」と書かれているのを見かけました。

見学・・・ちょっと行ってみようかな・・・。

軽い気持ちでブリーダーにメールを送り、休日に見学を予約しました。
空が死んで以来、休日に外出するのは初めてです。
久しぶりにわくわくしながらブリーダーを訪問しました。そこで見た子犬は、本当にあり得ない程暖かくて、小さくて、「生きて」いました。
その日はそのまま帰宅したのですが、以来、子犬のことが頭から離れなくなりました。

まさか、また犬を飼う?まだ空が死んで3ヶ月しか経ってないのに?

打ち消してはみるのですが、気が付くと子犬のことを考えていたりします。
どうしたらいいのかわからなくなり、母に相談してみることにしたのですが、案の定「まだ3ヶ月しか経っていないのに!空が可哀想じゃない!」と大反対でした。
反対されるのも当然です。ですが、どうしても諦められなくなりました。

意を決して、ブリーダーに再び連絡し訪問しました。
以前見せてもらった子犬は既に貰われていったらしく、別の子犬を見せてもらったのですが、今回の子犬はとにかく活発な子でした。抱っこしているブリーダーの腕から全力で逃れようとして、足をバタつかせています。
「もう、本当に元気な子なんですよー」ブリーダーが苦笑しながら話してくれました。

子犬が元気なのは当たり前ですし、むしろ健康で喜ばしいことです。
ですが、空は小さい頃からどちらかというと大人しい犬でした。
私にとっては「空=犬」だったため、この大騒ぎする様子を見て私は少しがっかりし、その日もそのまま帰ることにしました。

続きは次回。

ではまた。

-私のペットロス体験

Copyright© P.F.TRAINING 別館 , 2019 All Rights Reserved.